車検対応型トレーラーハウス

なぜトレーラーハウスだと市街化調整区域でも大丈夫なの?

市街化調整区域とはそもそもなにか、という話からはじめましょう。
市街化調整区域というのはその名の通り、”市街化”をあまりしないようにしようと決められた地域なのです。ですから、原則建物を建ててはいけないのです。

市街化行政区域になにか建てる場合は「開発許可」という大変な手続きが必要となります。

市街化調整区域に線引きされる前からの既存の建物は大丈夫だったりしますが、それでもやはり住宅の用途であれば運送事業所の事務所としては、用途変更というこれまた大変な手続きをしなければ認められないので登記されている建物であってもNGとなります。

そうしたらどうすればよいかというと、「建物」でなければ置いていいということになるわけです。
これはスゴイことですよね。
その「建物」というのはなにかというと、それが建築基準法でいう「建築物」というものになります。

トレーラーハウスは建築物ではない

トレーラーハウスはいくつかの条件をクリアすることで建築基準法で言う「建築物」にあたらないままでいられますので、そもそも「建築物」ではないから建築基準法違反になりようがない、ということになります。

そのような理由で、トレーラーハウスは市街化調整区域でも適切に設置することでちゃんと認められるわけです。(今は、”車両”であることを明確にするために多くの自治体でナンバープレート取り付けを求められています)

ちなみにプレハブやコンテナ、物置きも原則は建築物扱いとなりますので、本来であれば市街化調整区域には建築確認を取得せずにはおけないものとなります。

よく置いてありますが、厳密に言うとNGですし、市街化調整区域でプレハブなどが認可取れる可能性はほとんどゼロです。

トレーラーハウス沖縄は、数々の実績とノウハウを蓄積しておりますのでご安心ください!

レンタル事務所

建築確認申請不要、市街化調整区域でも設置可能。給排水設置もできます

現場で一時的に使用する簡易的な事務所などにご利用いただけます。
もちろん、法律の面もすべてクリアした安全なトレーラーハウスをご提供します。
日本建築行政会議の「車両を利用した工作物」の建築物に該当しないことを前提とした販売・リースの設置で安心・安全なトレーラーハウスをご提供いたします。

コンテナ型のトレーラーハウスも取り扱い中!!お気軽にお問い合わせ下さい♪
トレーラーオフィスレンタル

↓↓クリックやタップで360℃写真を見ることが出来ます↓↓
 

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

市街化調整区域に設置

内装レイアウトや外装デザイン、カラー

・断熱・機密性能

高品質な断熱材を使用するため、外から侵入してくる熱気や冷気をシャットアウトできるため、沖縄の環境でも1年中快適に過ごせます。

・高い天井

天井高も十分確保できるため、圧迫感をまったく感じさせない、ゆったりと開放的な空間です。

・お手入れ簡単

壁は鋼板パネルを使用しています。お手入れが簡単で、ふき取るだけで汚れを落とすことが出来ます。

・豊富なカラーバリエーション

ブラック、ブルー、シルバーなど豊富にカラーをご用意しております。まずはお気軽にご相談ください。

内装レイアウトやデザインなど、まずはお気軽にご相談ください。